ヒロ田的病気年表③

ヒロ田的病気年表③

ヒロ田的病気年表③です。

①でまとめようと思っていたのに

気づけば③にまでなっちゃいました。

今回の記事で終わらせます。

少し内容を省いて書いていきます。

◆2006年12月1日~12月28日

外科手術をする前に、

検査をしておく必要があるので

主治医のいる消化器内科に入院。

この間に、痔ろうも悪化したので

肛門科に2泊3日転院して痔ろうの手術。

消化器内科に一度戻ってから、

今度は紹介された外科に転院。

12月14日に移動→入院。

12月21日、大腸バイパス術2箇所を

腹腔鏡で6時間の手術。

12月28日、お正月を迎える前に退院。

自宅でお正月を迎えることができた。

◆2007年1月頃

手術したのだから悪いところはないはずだ。

普通の人と同じになったのだ。

そう思い、普通のご飯を食べていた。

月末頃、消化器内科の医師に

手術の報告と医師から預かってきた手紙を渡す。

採血結果は、相変わらずCRPは2.00台。

あまり良くなっていない。

◆2011年2月頃

風邪をひいて熱を出したところから

再び体調が悪くなる。

医師からヒュミラを勧められ、

やっていくことになる。

◆2011年3月頃

ヒュミラ1回目。

あまり効果は感じれなかった。

◆2011年4月頃

ヒュミラ2回目。

何となく効果が出ているのかも…

程度で、明らかな改善は

はっきりとわからなかった。

◆2011年5月頃

ヒュミラ3回目。

主治医がレミケードが効きすぎたために

狭窄になったので、ヒュミラも気をつけて

ないと、また狭窄になったら困る。

ということで大腸カメラの検査も行う。

若干の狭窄があるとのこと。

おそらくヒロ田さんは薬が効きすぎる

とんことで、ヒュミラもやめたほうが

良いということになった。

◆2011年10月頃

Gキャップ(顆粒球吸着療法)を

やっていこうとなった。

レミケードやヒュミラと違って

副作用もそんなにないとのことだった。

◆2011年11月頃

Gキャップスタートする。

しかし、あまり効いている感じはしない。

◆2011年12月頃

Gキャップ3回目。

この時、ボクは肺炎になりかけていたため、

一週間通院で抗生剤の点滴も受ける。

抗生剤+Gキャップが良かったのか、

痔ろうからの膿が止まっていく

感じがわかった。

◆2012年1月頃

CRPはさほど変わりなく2.00台。

体調は良くなってきた。

これから1年くらいは良いままだった。

◆2013年1月頃

徐々にではあったが、

再び体調が不良となってきた。

レミケード合わず、ヒュミラ合わず、

Gキャップも効果が無い。

絶食してエレンタールでお腹を休めたり、

薬を飲んで日々を過ごすしか方法がなかった。

◆2013年6月~

体調が悪くなってきたら絶食してエレンタール。

二週間続けてみる。

それでもダメなときは、左の鎖骨下にポートと

いうものを埋め込んでいて、そこに点滴を刺して

栄養を取るということもやっていた。

これも二週間くらいやっていると、体調がずいぶんと

回復していった。

◆2014年前半~

2013年のようにやっていくことで

どうにか持った。

これで良かったのだが、、、

さすがに甘くはなかった。

また腸が暴れだしてきた。

トイレの回数が増えていく。

徐々に徐々に増えていった。

◆2014年後半~2015年

トイレが増えていくだけなら

まだ良かった。

トイレに行きたい。と思った時には

漏れてくることが増えてきた。

大腸カメラをやったりした結果、

もう大腸全摘しかない。

全摘したほうが楽になると思う。

大腸全摘ということは、、、

ストーマ(人工肛門)になると

いうことだった。

◆2016年2月

数ヶ月考えて、ボクはストーマ(人工肛門)

になることを決断した。

トイレの回数&お漏らしが半端じゃなく

増えてきたし、ゆっくり寝ることも

できなかった。

◆2016年4月28日

大腸全摘手術。

ストーマ(人工肛門)となる。

◆2018年5月~

現在、小腸だけになったが、

その小腸の終わり部分(大腸が

あれば大腸に近い部分)に、

潰瘍ができている。

医師は、これは、最終的にまた手術しなきゃ

ダメかもね。

でも、そうならないように、ヒュミラもしくは

ステラーラをやっていこう。

というお話になっている。

この年表に書いたことは、

今後、記事で詳細を書いていくので

参考にしてみてください。

ではまた。

ヒロ田

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)