クローン病の飲み薬(ヒロ田の場合)

クローン病の飲み薬(ヒロ田の場合)

ボクはいま月1回病院に行き、

採血をし、ストーマ外来でストーマの

ことについて話、採血結果を見ながら

医師と今後の検査や治療等の話をし、

常用している薬を処方してもらう。

下記がいま処方されている薬

1.ペンタサ錠250mg

2.ラベプラゾールNa塩錠10mg

3.プロマックD錠75

4.ラックビー錠

5.フェルムカプセル100mg

6.ロペラミド塩酸塩カプセル1mg

7.イムラン錠50mg

8.エレンタール配合内用剤

現在の処方は8種類。

1.ペンタサ錠250mg

1回4錠を朝、昼、夕の3回。

潰瘍性大腸炎やクローン病の薬で、

即効性はなく、時間をかけて

効果が出てくる飲み薬と聞いた。

2.ラベプラゾールNa塩錠10mg

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃酸の逆流による

食道の症状を改善する薬。

これを朝のみ1回1錠。

3.プロマックD錠75

胃炎、胃潰瘍の薬

朝と夕に1回1錠ずつ。

4.ラックビー錠

整腸剤。

朝、昼、夕の1回2錠ずつ。

5.フェルムカプセル100mg

鉄分を補う薬。

鉄の不足で貧血起こしやすい人が

飲むようだ。

ボクは、採血結果で鉄分が不足している

ので毎回出されている。

これは朝のみ1回1錠。

6.ロペラミド塩酸塩カプセル1mg

これは下痢を止める薬。

朝と夕に1回1錠ずつ。

クローン病は下痢をする病気なので

これを飲んで止めたかったが、

止まって良かった…と思ったことは

残念ながら一度もない。

クローン病がそれ以上に強力なのか、、、

それともボクに合わないのか、、、

これは未だにわからない。

7.イムラン錠50mg

免疫抑制剤。

クローン病は、過剰に免疫細胞が

働くことで消化管に悪さをするのでは

ないか?と言われているため、

その暴走する免疫を抑制したほうが

良いということで免疫抑制剤の登場。

これは朝1回1錠。

8.エレンタール配合内用剤

これは、絶食するときには必須。

1袋80gで300kcal摂取できる。

絶食してないときでも、1日3袋

(900kcal)以上をエレンタールで

摂取していると、再燃しにくいと

言われているようだ。

そのため、1日3袋計算で処方

されている。

ここから先は、ボク自身の見解を

書いてみたい。

薬なので、副作用というものが

必ずセットになっている。

副作用が出る、出ないは別として…。

ボクの場合、副作用というものは

無縁だと思っていた。

しかし、薬も飲み続けて身体に蓄積

されていくにつれ、副作用が出やすく

なるような気がしている。

実際、花粉症や食べ物のアレルギーなど、

なった人の話を聞いていると、今までは

なんでも無かった。という人ばかりだ。

薬も同じだと思う。

さっきも言ったように、ボクは副作用や

アレルギーというのは無縁だった。

しかし、レミケードはアナフィラキシー

ショック。

抗生剤のクラビットでは下痢。

ヒュミラでは口内異常。。。

どれも最初は良く効いてくれたし、

体調も良くしてくれたりした。

しかし、継続するとボクの場合

ダメになってくるようだ。

よく『継続は力なり』なんていうが、

薬は、できる限り継続したくないものだ。

最初は熱心に薬を飲んでいたし、

治ってほしいと思っていたから

真面目に継続もした。

しかし、ダメになるときは

どんなことをしてもダメになってくる。

むしろ、絶食してエレンタールだけで

生活したほうが、体調も採血結果も

良くなったりする。

クローン病の大敵は食事なのか…?

食事しないで絶食してエレンタール

をすると、2週間もすればかなり

体調が良くなってくるから、おそらく

食事をしないことが一番良いのだろう。

そう思う。

しかし、、、

一時なら絶食もいいが、

体調が良くなってくると

どうしても食べたくなってしまうのだ。

ただ、今までのボクの経験上、

食べたいから好きなものを食べる。

そして薬で治す!

ということは難しかった。

確かに、レミケードの治療をしたあと

数週間は良かった。

けれど、効き目は無くなってくる。

さらにボクの場合はレミケードで

アナフィラキシーショック。

その後も、ゆっくり時間をかけて

やることでアナフィラキシーショックを

受けずにできていたのだが、今度は

効きすぎで狭窄。

ボクの場合、薬が効きすぎるようだ。

そこでボクは薬ばかりに頼らず、

自身で調べて良いと思うサプリや

飲み物を口にするようにした。

ストーマ(人工肛門)になって

2年とちょっと。

今また少しボクのクローンさんは

暴れてきているようで、自分が

いま取り入れていっているものが

良い方向に行くのか?

それとも変わらないのか?

薬を飲まなかったらどうなるのか?

そういった部分を検証していきたい。

クローン病は原因不明と言われている。

しかし、問題が起きているのだから

どこかに原因があるのだろうとボクは

思っている。

その原因を、自分なりに突き詰めて

いきたい。

死ぬまで答えは出ないのかもしれないが、

ずっとクローン病と付き合っていくので

あれば、いろいろと試していって

自分に合っているものを見つけ出したい

と思う。

自分の仮説を立てたものが、

もし成果が出てきたならば、

ぜひこのブログでも書いていきたい。

ではまた。

ヒロ田

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)