第28話 体調が良くなり体重が増えていく

第28話 体調が良くなり体重が増えていく

入院してのレミケード治療は、その後も

続いた。

レミケード治療をすることで、体調は

どんどん良くなっていった。

栄養吸収も良くなってきたのだろう。

体重も60kgになった。

初めてクローン病と診断され、入院した

時の体重は49kg。

その後2年間は絶食生活。

エレンタールでの栄養摂取をしていた。

2年も食べずにいると体調が良くなってくる。

トイレの回数は1日に2~3回。

生活のリズムができていたので、外出も

気にならず、できるようになっていた。

生活のリズムができないうちは、外出する

のが面倒というか嫌だった。

なぜなら、いつトイレに行きたくなるか

わからないからだ。

そのため仕事以外は自宅で引きこもりがち

になる。

ところが体調が良くなり、生活のリズムが

できてくると外出もしたくなってくる

ものだ。

外出先で食事はできないとしても、お茶を

することはできる。

ボクはこの頃、仕事を休むということは、

ほとんど無かったのだが、たまには

休みを取り、映画を観に行ったり、

洋服を買いに行ったりとプライベートも

充実させるようにした。

体重が増えてきて困ったことは、

増えてきたと言っても60kgだから

身長170cm弱のボクには標準体重だろうか。

入院時の49kgから52kgになり、その頃に

洋服を買っていたものは、8kg増となるため、

さすがにサイズがどんどん合わなくなって

きた。

ジーンズなんか、太ももがきつくて

しかもボタンがギリギリ留めれるか

留めれないかという状態だった。

この時、スーツを着て仕事をしていたの

だが、ジャケットは間違いなくボタンを

かけれない。

洋服が合わなくなるというのは嫌だったが、

それ以上に体重が増えることに嬉しさを

感じていた。

何よりも体重を増やすのがボクの目標

だったのだから…。

クローン病になる前は62kg。

それがボクのベスト体重だった。

暴飲暴食をしても不思議と体重が増える

ことなく62kgをキープしていた。

よく食べていたとは思うのだが。。。

クローン病になり、49kgに減ってからも、

エレンタールで体重を増やしたい。

できればエレンタールでクローン病に

なる前の62kgまでもっていければ…と

考えていたくらいだ。

でもさすがにエレンタールだけでは

62kgにもっていくことはできなかった。

いいとこ49kgから53kgまでだ。

いや、3,000kcalとかエレンタールで

摂取していたら増やすこともできたのかも

しれないのだが…。

ただ、1日に摂取できるカロリーは、

時間的にも2,400kcalまでがいいとこだ。

医師にも2,400kcal摂取してたら十分だと

言われて、処方もしてもらえなかったし、

2,400kcal以上の摂取をする気もなかった。

エレンタールだけで4kg増やせたことは

まずまずというところだろうか。

その後、食べれるようになった時、1食は

お粥か雑炊を食べ、残りはエレンタール

1,800kcalを摂取。

さらにレミケード治療もスタートし、

体調はより一層良くなっていった。

レミケードで体調が良くなってきてからは、

1日昼と夜の2回食事ができるように

なった。

そうなるとエレンタールの量を減らして

いく。

その時の状況によって違うが、900kcal~

1,200kcalのエレンタールを摂取していた。

体調が良くなるとトイレの回数も

減ってくる。

ボクの場合はトイレの回数が減るイコール

痔ろうが良くなってくる。

膿が出なくなってくるのだ。

ボクはクローン病でも腹痛ではなく、

肛門に膿が溜まるタイプだった。

だからこの膿が出なくなる又は膿が出ると

いうのは、ボクにとって体調が良いか

どうかの判断基準でもあった。

絶食していた効果もあると思うが、

やはりレミケード治療の効果は大きい

だろう。

トイレの回数が減り、痔ろうが良くなって

くると、みるみる体重が増えていった。

不思議なんだが、食べると身体に栄養が

行き渡っているというのがわかった。

どう表現すればいいのだろうか…。

食べた瞬間、食事を飲み込んでいくたびに

腕や太もも、指などが浮腫む感じと言えば

いいだろうか。。。

とにかく肉がついていってる、太っている

という感じが凄くわかった。

『あー、オレ栄養吸収してる』

食べるたびにそう感じた。

『痩せた時に買った服なんだから

そりゃー合わなくなるよな…』

『11kgも増えたんだから…』

『新しい服を買わないと…』

服を買うことになると出費することに

なるのだが、それよりも体重が増えた

ことはボクにとって嬉しい出来事だった

のである。

ーつづくー

ヒロ田

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)