えっ?痔ろうからおならも便も出てくるのか…

えっ?痔ろうからおならも便も出てくるのか…

クローン病の症状は、人によって違うようだ。

下痢をしたり、微熱、倦怠感、貧血…など、

基本的なことは同じだとしても、それ以外の

症状で苦しむのは人それぞれだ。

クローン病は腹痛で苦しむ人も多いと思うが、

ボクは腹痛で苦しんだという経験は今のとこ

ろない。

その代わり、ボクは痔ろうで苦しんでいる。

【注記:腹痛が無いのも痔ろうで苦しんだ

のも2016年4月28日まで。それ以降は

ストーマ(人工肛門)になったため、痔ろう

で苦しむことは無くなったが腹痛は度々起き

るようになってきた】

痔ろうになってビックリな体験もあった。

まず、おならがしたくなると我慢をしていて

も、痔ろうの穴からおならが出てくる。

もちろん、音が鳴ったりということはないの

だが、初めてその穴から出てきたときは驚い

た。

今まで経験したことが無い不思議な感じだ。

その穴からおならが出る時というのが、

これまた痛かったりする。

だから、あんまり痔ろうの穴から出てほしく

ないというのが本音だ。

もちろん、毎回出るわけではないけれど…。

そして次のビックリは、おならが出るのと

同じように、便もそこから出ることだ。

ボクは、膿だけが出てくるものと思っていた

のだが、なんと便もそこから出てくる。

これには参った。

いや、もちろんダラダラと出ているわけでは

ない。

トイレに行きたくなって、用を足している時

、痔ろうの穴からもオマケのように一緒に出

てきたりするのだ。

便が出てくる場所じゃないので『痔ろうの

穴から出てきてるぞ!』とすぐわかる。

しかも、初めてそこから出てきたときは、

ビックリしたと同時に痛みがあった。

皮膚が割と強い場所での痔ろうならまだいい

のだが、皮膚の弱い場所の痔ろうだと、皮膚

が慣れていないからか、便が出てくると、出

てきた穴がものすごく痛いのだ。

もう何とも言えない痛さだ。

ヒリヒリというか、ジリジリというのか…。

とにかく飛び上がりたくなるほど痛かった。

痔ろうって不思議なものだ。

と何度思ったことか…。

というより、人間の身体はホント不思議だな

…と何度も思った。

痔ろうは、肛門周囲膿瘍と言って、その名の

通り肛門周囲に膿が溜まって、そこが破れた

り、切開したりして膿の通り道ができる、穴

がつながると痔ろうという名称になるようだ。

みごと開通すると、そこから膿が出てくるよ

うになる。

まぁ、膿が出てくるのは何となくわかる。

しかしだ…

おならが、そこから出てくるのにはビックリ

する。

もっとビックリしたのは、便もそこから出て

くることだ。

ホントこれには参った…。

特に新しくできた痔ろうの穴から便が出てく

ると、ヒリヒリ痛むのだ。

きっと、皮膚が便に慣れていないからでは

ないかとボクは思っているのだが…。

なかなか普通の人じゃ経験できないことだ。

膿が溜まってくると、痛みが出てくるのだが、

肛門に近ければ近いほど痛い。

ホント肛門や肛門付近に膿が溜まってくると

クシャミ、咳、車の乗り降りなどでも痛い。

ボクは、これが日に日に増していったので、

病院に行くことを決めたくらいだから、

もし、肛門から少しずれている場所であれば、

痛みが少なく、きっと病院に行くのを遅らせ

ていたように思う。

二度、肛門付近で膿が溜まり、共にすぐ切開

をしている。

その後は、肛門から少し離れたところで膿が

溜まり、そこもすぐに切開。

トータルで五箇所くらいは切開した。

(2014年4月までの段階で…)

切開すると、当たり前だけれどその穴から膿

が出るようになる。

膿が出てくると楽になってくる。

しかし、それでも下痢が続いていると、違う

場所にまた膿が溜まる。

これが不思議だ。

いったいどのような仕組みになっているのか?

できることなら体を割って見てみたいものだ。

アリの巣のようになっているのだろうか…。

そんなことを考えたりする。

ボクの場合は、クローン病が悪化してくると

痔ろうも悪化する。

そう、膿が溜まってくるのだ。

逆に、体調が良くなってくると、その膿が

止まっていく。

わかりやすいと言えばわかりやすい。

クローン病の治療で、レミケードを点滴投与

している時、投与している時から膿が止まっ

ていくのがわかったくらいレミケードは効い

たのだと思う。

しかし、ボクの場合は、効きすぎが原因で

大腸の横行結腸の左右2箇所が狭窄になった。

その後、外科手術をしたのだが…。

(効きすぎが原因とは当時の主治医が言って

たことで実際それが原因なのかは解明されて

いない)

まぁ、その外科手術の話はさておき、

ボクにとっては【痔ろうが悪化する=クロー

ン病も悪化】というのが一つのパターンだ

った。

肛門周囲に、もしくは切開した場所から膿が

溜まったり出てきたりすると、微熱も出てき

て身体も怠くなってくる。

そうなると絶食してエレンタールを摂取する

というのがボクのパターン。

2~3日それを継続していると、膿の溜まり

具合が少なくなり、同時に身体も楽になって

くる。

『絶食を続けてるのが良いのだろうな…』

そうわかる瞬間だ。

けれど、少しでも調子良くなると食べてしま

いたくなるのが人間だ。

しかも、ボクの場合は食べてもお腹が痛くな

るわけではないから尚更。

これが、食べた瞬間からお腹が痛くなるので

あれば食べたくても絶食するのかもしれない

が、ボクの場合はそれが無いから普通に食べ

てしまう。

そして食べた後から、何となく膿が溜まって

くる感じがしてきて、切開されている所から

ダラダラと膿が出てくる。

それでも膿が出ているうちはいい。

膿が新たな場所に溜まってくると大変だ。

ボクのクローン病は、膿の量が多いか少ない

かで体調の善し悪しが決まる1つのパターン

だったのである。

ーつづくー

ヒロ田

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)