睾丸付近の膿は膨れ上がり自然排膿した

睾丸付近の膿は膨れ上がり破れて自然排膿した

睾丸のところに溜まった膿は、膨れ上がり

皮膚の赤くなっている箇所が数ヶ所ある。

『ここが破れて排膿されたら楽になるのに

なー…』

ボクは手鏡で確認しながらそう思っていた。

ところが、膨れ上がるだけ膨れ上がり、

なかなか排膿されない。

場所が睾丸のところなだけに、下着などが

触れても痛くなってきた。

『どうしようか、病院で切開してもらわない

とやっぱりダメかな…』

そんなことを考えていたある日のこと。

何だか生温いものが、太ももあたりに

感じた。

急いでトイレに行き、下着を下げてみて

みると、何と睾丸に溜まっていた膿が破れて

排膿されている。

覗き込んでみてみると、睾丸の膨らみは

少しスリムになり、破れたであろう箇所には

血が滲んでいた。

少しヒリヒリした感じはあったのだが、排膿

されたことで楽になった。

ボクは、替えの快適パッドに交換し、また

仕事へと戻る。

さっきまでとは違い、排膿されて楽になった

から、気分も何となく良いものだ。

排膿された箇所が傷口となって痛むけれど、

膿がパンパンに溜まって痛いよりはまだいい。

こうして排膿され楽になってくると、また

食欲が出てくる。

止めておけばいいのだが、楽になるとどうし

ても『今回だけ…』という気持ちになって

しまうから困ったもんだ。

ただ、そんなことよりもボクにはちょっと

気になることがあった。

それは、睾丸のところに膿が溜まっている

ということ。

しかも、肛門付近ではなく、どんどん上に

上がってきていて尿道に近づいていくので

はないか?と思ってしまうくらいの勢いだ。

ボクは、尿道とつながらないか?

それだけが気になってきた。

医師に聞いても、そればかりはわからない。

あるかもしれないし無いかもしれない。と

いう話をしていただけに、どうしても気にな

ってしまう。

けれど、気にしたところで自分ではどうする

ことも出来ないのが歯痒い。

睾丸付近に膿が溜まって良かったと思うの

は、肛門付近に膿が溜まるより、楽だという

ことだ。

肛門付近に、近くなればなるほど膿が溜まる

と痛みが増すし、クシャミや立ったり座った

りの行為だけでもものすごく痛む。

人前だと、何事も無いように対応するのだが、

冷や汗が出てきてしまうほど痛い。

こうなると病院に行って切開しないとダメだ。

ところが睾丸付近(肛門から離れていく)

だと、膿が溜まり膨れ上がって違和感があっ

たり、動き方によっては痛みがあったりする

けれど、自身で座り方や歩き方など、調整す

れば痛みを軽減させることができるので、病

院に行かなくても、もう少し我慢してみよう

か…となる。

良いことなのか悪いことなのかわからないが、

膿が溜まっても痛くないから『食べる』こと

を止めずに食べ続ける。

『食べる』ことを続けると、当然ながら下痢

する回数が増える。

下痢が増えると膿がどんどん溜まっていく。

絶食すれば良いのだろうけど、膿が溜まる

だけで具合が悪いわけではないし、お腹も

メチャクチャ空くから中々やめることが

できないというのが本音。

本当に心に誓って『絶食するぞ!』と決め

なければ食べてしまうのだ。

いや、膿が溜まってくると『良くないな…』

と思い『絶食しよう!』と心に決める。

だが、大抵2~3日で楽になってくるから

『そろそろ食べてもいいんじゃないか?』

となってしまうのだ。

そして数日それを続けていると

また膿が溜まってきて絶食しようと思う。

そう繰り返してきて数年。

主治医とも話しているが、やはり食べること

で膿が溜まり、炎症反応(CRP)も高くな

ることは自身でもわかっている。

しかし、仕事のお付き合いなどがあると、

絶食を数日続けていても、会食をきっかけに

また食べ始めたりするようになる。

一度食べ始めると、ガッチリと食べたくなる。

ダイエットをしていた人が、リバウンドする

ように、ボクもそれと同じだと思うのだが、

一度食べ始めると満腹中枢が『もうお腹いっ

ぱいですよー』と教えてくれないのだ。

飲み会などがあった日の帰りには、皆と別れ

た後、一人でラーメン屋さんに入り、ラーメ

ン、ライスに餃子を注文して食べたりする。

クローン病にとっては危険食なのだが、一度

食に火がついたら止まらない。

しかも超満腹になるまで食べてしまう。

これがまた良くない。

そして痔ろうは睾丸付近にできるようになっ

てから肛門付近と違い、少し膿が溜まってき

ても我慢できる痛さだ。

そのうちに排膿される。

それを続けていると、他の箇所にも膿が溜ま

ってくる。

『あれ?またこっちにもできてる…』

同じ睾丸付近でも、今度は反対側に膿が

溜まってきたのである。

ーつづくー

ヒロ田

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)