第62話 ヒュミラ中止で次なる治療はGキャップ

第62話 ヒュミラ中止で次なる治療はGキャップ

インフルエンザを発症したことにより、再び

クローン病が悪化したボクは、ヒュミラ

(アダリムマブ)をやっていくことになる。

ヒュミラ(アダリムマブ)の記事については

こちら→【ヒュミラ(アダリムマブ)

結果的に、そのヒュミラも中止することに

なった。

ヒュミラをやって数ヶ月後、大腸カメラの

検査をした時に、若干ではあるが狭窄して

いるところがあるため、使い続けるのは

良くないのではないか?

ということになり使用を中止した。

ヒュミラは、最初のころ効いていたような

気はしていたが、使用しているうちに効い

ていないのでは?と感じるようにもなって

いた。

ヒュミラが効かなかったのか?

それともヒュミラ以上にボクのクローン病が

強かったのか…?

それは定かではない。

ヒュミラも使えなくなったボクは、しばらく

体調が悪くなれば絶食してエレンタールを

続け、良くなってくれば食べたりして…と

いう日々を送っていた。

それでも症状は落ち着いていたのだと思う。

そして再びインフルエンザが流行し始めた

時のこと。

弱ってきているボクの身体がインフルエンザ

になっては大変だと思い、予防接種をお願い

した。

そしてこの時も2~3日後にインフルエンザを

発症。

ボクはこの時『もう二度とインフルエンザの

予防接種はしない』と心に誓った。

なぜなら、予防接種をすることによって、

ボクの身体はインフルエンザになりやすい体

質なのではないか?と感じたからだ。

現にそれ以降ボクはインフルエンザを発症

したことが無い。

こうして再びインフルエンザになったボクは、

またまたクローン病の悪化を招いたのである。

インフルエンザが治ってからも体調不良は

続き、毎月の診察での採血結果はCRP

(炎症反応)がこの時8.09だった。

健康体の人は0.30以下なのだからかなり高い。

だからと言ってレミケード、ヒュミラはやり

たくない。

主治医もヒロ田さんは薬が効きすぎて狭窄に

なりやすいのかもしれないから、やらない

ほうが良いと思うよと言っていたし…。

そこで、もし何かをやるとしたらGキャップ

(顆粒球除去療法)はどうか?と主治医が

提案してきた。

ヒロ田「それはどんな治療なんですか?」

主治医「簡単に言うとヒロ田さんの血液を

一度抜いて顆粒球を除去してからヒロ田さん

の身体に血液を戻すという治療なんだよね」

ヒロ田「へぇ~、そんな治療あるんですね。

イメージとしては人工透析をするような

感じですか?」

主治医「うん、そうだね。ただ人工透析は

片側の腕に専用の血管を作って、片側だけで

血を抜いて戻すということをやるんだけど、

Gキャップは片側の腕の血管から血を抜いて

もう片方の腕の血管に血を戻すから、一時的

に両腕は使えなくなるわー」

ヒロ田「時間はどれくらいやるんですか?」

主治医「そうだねー、1時間30分くらいかな」

ヒロ田「それで副作用はどうなんでしょう?」

主治医「副作用は無いと言ってもいいと思う

よ。たまに終わった後に頭痛がするという人

がいるけどすぐ治まるみたい。それくらいか

なー」

ヒロ田「副作用無いならいいですね!Gキャ

ップをやるとなったらいつからできるんで

すか?」

主治医「うんとねー、1週間に1回やらなきゃ

いけないんだよね。それを5週続けて、もし

効果が無いようであれば引き続き5週続けて

できるから最大10週までできるんだけど、

それでいくとヒロ田さん毎週何曜日だったら

可能だい?いま確認してみるから…」

ヒロ田「それじゃ毎週火曜日の午前中で

問題なければその曜日でお願いします」

主治医が治療を担当する部署の人に確認

をしている。

主治医「来週の火曜日10時30分~大丈夫

だって。それでね、このあと透析室に行って

打ち合わせしてきてほしいんだよね。治療は

透析室でやることになるから」

ヒロ田「わかりました。このあと透析室に

行ってきます」

診察を終えたボクは人工透析室に向かった。

ドアを開けて中に入るとカウンターのような

ものがあるのだが誰もいない。

みんな忙しそうに動き回っている。

どうすれば良いのかわからず数秒間立って

いると、女性がボクに気づき近寄ってきた。

ヒロ田「あの、ヒロ田と申しますけど…」

女性「あっ、ヒロ田さん、Gキャップの…」

ヒロ田「あー、そうです」

女性「先生から聞いてます。来週の火曜日

10時30分~でしたよね?」

ヒロ田「はい、そうです」

女性「もし時間の都合つかなくてキャンセル

することになったら遅くても30分前には連絡

欲しいんですよね」

ヒロ田「いや、キャンセルするということは

ないです。もし仮に少し遅れることがあった

としても間違いなく来ますので」

女性「それだと助かります。10時30分~だと

10時過ぎには準備するので、開封してからキャ

ンセルになると廃棄するしかなく、使わなくて

も高額な請求は病院にきちゃうので…」

ヒロ田「えー、そうなんですか。ちなみに高額

ってどれくらいかかるんですか?」

女性「14~15万円です」

ヒロ田「えっそんな高いんですか?1回で…」

女性「そうなんですよー。なのでキャンセル

する時は早めに連絡欲しいんです」

ヒロ田「あー、ボクはキャンセル無いので大

丈夫です。それじゃ来週の火曜日10時30分に

きますので、よろしくお願いします」

女性「わかりました。あっ、これ持って帰っ

てください」

女性からユーパッチテープなるものを手渡さ

れた。

ヒロ田「えっ?なんですかコレ?」

女性「あー、これ腕の太い血管(肘のとこ)

に30分くらい前から貼って欲しいんです。

麻酔なんですよー」

ヒロ田「えー、麻酔って…そんな痛いんです

か?」

女性「けっこう太い針を刺すので、採血とか

と違って刺すとき痛いと思うんです。なので

これ貼っておくと麻酔作用で痛みが和らぎま

すので貼ったほうがいいと思いますよ」

ヒロ田「あっ、そうなんですね。わかりまし

た…」

苦笑いするしかなかった。

【痛い】と聞けばどうも構えてしまうな…。

Gキャップで良くなってくれたらいいな。と

いう気持ちと『痛いの嫌だな…』という気持

ちが入り交じる。

ボクは期待半分、不安半分の気持ちで帰路に

着いたのである。

ーつづくー

ヒロ田

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)