第100話 喉の痛みはタイ焼きを食べた時に気がついた

第100話 喉の痛みはタイ焼きを食べた時に気がついた

2014年5月27日に退院したボクは、一ヶ月

経たずに、再び体調が悪くなってきた。

今回は肛門周囲膿瘍に加え、熱が出ていて

喉が痛い。

肛門周囲膿瘍以外で言えば、風邪と言われる

ような症状だ。

ボクも最初は風邪だと思っていた。

ところが、クローン病からきている症状のよ

うだ。

喉の痛さは、扁桃腺が赤く腫れているのでは

なく潰瘍になってるとのこと。

クローン病は、口から肛門までの消化管と言

われる場所すべてになる可能性がある。

そのクローン病の影響と思われる潰瘍が喉に

できた。

以前から(4~5年前くらい)口内炎や喉に

若干の痛みが出るようになっていた。

でも、だいたいは口内炎用の塗り薬を塗れば

口内炎は治っていたし、喉の痛みも数日で治

っていた。

ところが今回は数日どころか、もうかれこれ

一ヶ月くらいになるのではないだろうか…?

痛みの始まりは、クリームのたい焼きを食べ

た時だった。

たい焼きが口の中に入った瞬間から、何かが

違うと感じた。

『腐ってるんじゃないか?それとも何かが混

入されてるんじゃないか…?』

そう思ってしまうくらい味がおかしく、痛み

というのか、何か口の中、喉に違和感を感じ

たのである。

だが、その時は水を飲むことで、あっという

間に違和感は消えたので『気のせいか?』と

思うようになった。

しかし、その後も小腹が空いたときに食べた

こしあんパンが、同じように痛みというか違

和感があった。

あんの甘さがズキッと喉に突き刺さる感じだ。

『何かがおかしい…』

ボクはあまりの痛さ、違和感で甘いものを食

べないようにした。

飲み物や普通の飲食はできていた。

ところが、ここ10日くらい前(6月23日頃)

からだろうか、その喉の痛みが塩気のあるも

のでも痛くなってきたのだ。

塩気のものと言ったって一般的な味付けだ。

特別濃い味付けではない。

そうめんを食べようと、麺を汁につけて食べ

た瞬間、メチャクチャ痛い。

1(めんつゆ):2(水)くらいで薄めるめん

つゆも、メチャクチャ痛いのだ。

ボクは、1(めんつゆ):10(水)くらいに

薄めて食べるようにした。

そうすると痛みがない。

IBD専門の医師(以下IBD医師)が『潰瘍に

なってるからしょっぱいものとか痛いっしょ

?』と言っていたが、まったく仰る通りだ。

IBD医師に抗生剤を3種類くらい出され、そ

れを飲んで次の診察(7月8日)まで様子を

みることにした。

今までにも調子が悪くなると口内炎になった

りしていたことがある。

舌の横にすぐできたりする。

最初のうちはいいのだが、放っておくと食べ

る時に痛みが出て、それが続くと人と話して

るだけでも痛くなってくる。

なので、その時のために口内炎用の薬を買い、

痛くなったら塗り薬を患部に塗っておく。

するといつしか治っている。

舌もそうだけれど、あと、なりやすいのが口

の中の横あたりに一本線の筋のような白い線

ができる。

それがけっこう痛かったりする。

ちょうど、口を閉じた時に上下の歯の隙間の

ラインと言えばいいだろうか、歯で噛んでい

るわけではないのだが、キレイな白いライン

ができる。

ひどい時はそれが左右にできてしまう。

後は、喉も口内炎と共に痛くなったりしたけ

れど、喉は舌にできる口内炎より痛くなかっ

た。

ところが今回の喉は、半端じゃなく痛い。

どんな感じになっているか鏡で確認したけれ

ど良く見えない。

病院に行ったとき、IBD医師に診てもらった

ら潰瘍になっていることが判明。

荒れていると言われるならまだしも、潰瘍に

なっていると言われると何だか不安になる。

でも、クローン病は口から肛門にかけての消

化管に潰瘍ができる病気だ。

口の中に潰瘍ができてもおかしくはない。

こうなった時に大変なのが、人とのお付き合

いだ。

自分1人だけなら食べずにエレンタールだけ

で栄養を摂取するのもいい。

もし何か食べるとしても、薄味にして喉に刺

激を与えないように作って食べてもいい。

しかし、人と外で会うとなればそうはいかな

い。

焼き鳥とかなんか食べたらどうなるのか…?

もちろん、そんな時は人と会わないほうがい

いに決まっている。

でも、仕事のお付き合いとかで、ボクの病気

を知らない人は多数いる。

きっと『食べれない病気』と言ったところで

信じてくれない。

過去、仕事上のお付き合いで食事に誘われる

ことが多かったとき、ボクは何度か言ったこ

とがある。

『食べないほうが良い病気なんだ』と…。

『そうなんですね』とは言うものの、どうも

納得しない顔をしている。

体のいい断りだと思ったのかもしれない。

食べれない病気ということ自体がよくわから

なかったのだろう。

無理もない、ボクも食べれない病気が世の中

にあるのか?と思ったくらいだから…。

喉が痛くなり、ボクは再び食欲減退となった。

微熱も続いている。

37度から37度5分くらいの微熱だけれど、ち

ょっと無理をすると38度超えになったりする。

きっと肛門周囲膿瘍で膿が溜まっているから

熱が出ているのだろうと思う。

しかも今回は喉の痛みがセットだ。

なかなか辛いもんだ。

この喉の痛みがなかなか治らない。

喉に塗る塗り薬は無いものだろうか…。

そんなことを思いながら、IBD医師に処方さ

れた抗生剤を飲み、良くなることを期待しな

がら次回の診察を待つことにしたのである。

ーつづくー

ヒロ田

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)