皮下埋め込み型ポート留置術 | ヒロ田のクローン病とストーマの世界

皮下埋め込み型ポート留置術一覧

ポートからの高カロリー点滴が可能になった日

中心静脈栄養ができるよう、皮下埋め込み型ポートの留置術をすることになったのだが、不安な点もいくつか出てきた。ボクは看護師さんが巡回してきたときに、不安に思ってることを聞いてみた。1つは、皮膚に自分で刺すことになるが痛くないか?ということだ。

皮下埋め込みポート留置術の提案

ボクは、大腸バイパス手術をする二週間くらい前に、皮下埋め込み型ポートを留置するための手術を行った。絶食してエレンタールの摂取もできなくなったことから、点滴で高カロリーの栄養摂取が必要になったのだ。

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)