手術を決断したとき | ヒロ田のクローン病とストーマの世界

手術を決断したとき一覧

ストーマにしよう!と決断したとき

医師にストーマ(人工肛門)を勧められたが、一度は拒否をした。なぜなら不安要素がたくさんあったから。でも状況が状況なだけにボクはストーマ(人工肛門)にする決断をした。

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)