・検査 | ヒロ田のクローン病とストーマの世界

・検査一覧

小腸X線造影検査

小腸X線造影検査(小腸バリウム)。バリウム検査というのはどうも苦手のようだ。何がって腸を綺麗にするために検査前に下剤を飲む。検査が終わると今度はバリウムを出すために下剤を飲む。何回もトイレに行かなければいけないというのがボクにはどうもダメなようだ。

CT検査・MRI検査

CT検査とMRI検査がある。どちらも似たような検査室で行うので何が違うのかな?と思っていたのだが、受けてみて違いが分かった。ただ、先に言っておきたいのはボクが受けた検査の中では楽な部類に入るということ。

胃カメラ(上部消化管内視鏡)

胃カメラ…あんな太いものが口から入ってくるって絶対苦しいに決まっている。誰もがそう思うだろう。ボクもそう思っている一人だった。しかし今は眠りながら検査を受けることができたり、鼻から検査を受けることもできる。胃カメラ検査もかなり楽になってきていることは間違いないと個人的には思っている。

はじめての注腸検査

クローン病は難病指定されている病気だ。しかし、それが確実にその病気なのか特定するためには、いろいろな検査が必要になる。ボクは今回はじめての注腸造影検査に挑む。

大腸内視鏡検査

クローン病の疑いがかかり、消化器内科を紹介された。大腸内視鏡検査は避けて通れないだろう。何となく嫌なイメージだった。しかし、寝ながら検査ができるとは…。

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)