2018年10月 | ページ 2 | ヒロ田のクローン病とストーマの世界

2018年10月一覧

第117話 生食を変更しても輸液剤はスムーズに流れない?

生食(生理食塩水)20mlをフラッシュすることで、詰まることはないだろう。そう期待しながら自宅に帰ってきた。夜、ボクは20mlの生食でフラッシュしてから高カロリーの点滴をスタートさせた。翌日、朝起きてからも同じように20mlの生食をフラッシュし仕事へと向かう。

第116話 輸液剤がチューブの中で固まったの?

久しぶりに高カロリーの点滴をスタートさせた。今回は針を一週間ごとに交換するため、一週間は刺しっぱなしということになる。しかし、針を刺しっぱなしにすることで、輸液剤がチューブの中で固まらないか?ということはどうしても気になってしまう。

第114話 再び新主治医の診察そして高カロリー点滴開始

初診日から二週間後、ボクは再び新主治医のいる病院へと向かった。採血をしてから診察まで最低でも一時間は待つ。これはどこの病院も同じだ。採血結果が出てくるのが、急いでも50分~1時間くらいはかかるようで、どうしてもその間は待つしかない。

第113話 新しい医師との出会い

新しい医師と初めて会うこととなった。病院は、前主治医のいる病院よりも大きい病院だ。正直、大きすぎる病院というのは苦手。特に根拠も何もない。ただボクは人ごみが苦手なので、大きい病院=大人数がいるというイメージが強く、何となく行くのが面倒になってしまう。

第112話 前主治医から電話がきて新たな医師の紹介

ボクは、前の主治医に再び診察してもらうことになった。だが、前主治医と会ってから10日くらい経った頃だろうか…。病院からボクの携帯に電話が来た。電話に出てみると、前主治医からだった。前主治医「あっ、ヒロ田さん、電話大丈夫かい?」

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)