ヒロ田のクローン病とストーマの世界 | 泣いて暮らすも一生、笑って暮らすも一生

第191話 退院二週間後で体重が10㎏増になった

身体障害者手帳の申請が終わってからは、仕事復帰するまで自由の身だ。約半月あるこの期間で、ボクは体重を増やし、ある程度の筋肉と体力をつけておこうと決めていた。一日三食、午前中と午後には間食。午前中はだいたいがヨーグルト、午後からは蒸しパンやカステラなど、一応クローン病の安全食と言われてる食べ物を摂る。

第190話 ストーマ手術から二週間後に退院

2016年5月12日の朝が来た。お腹の張りや腹痛もなく目覚めた。『今日は退院する日だな…』『朝ご飯を食べたら退院の準備をしようか…』『その前に体重を計ってみよう…』『42.36kgか…』『エレンタールもやって3食きっちり食べてるのに、思ってるよりも体重増えないな…』

第189話 ストーマ手術後退院前日の昼食と夕食

2016年5月11日昼食の時間が来た。絶食の時には気づかなかったが、3回の食事が出ることによって一気に忙しい毎日を送るようになった。『すごい空腹感というほどでもないな…』『食べようと思えば食べれるけれど…』『もしかしたら1日2食とかで良いのかもな…』

第188話 退院前日の朝食と病院での最後のストーマ交換日

2016年5月11日の朝が来た。予定では明日が退院日だ。しかし、昨日の夜中にお腹の張り、若干の腹痛を感じ、幸いなことに便は出てお腹の張りや腹痛は無くなったけれど、食事することでまた同じようなことが起きるかもしれない。エレンタールの後片付けをしながらそんなことを考える。

第187話 ストーマ手術後食事開始2日目の夕食

病院内を20分くらいウォーキングしてから病室に戻る。テレビをつけて休憩していると、間もなく夕食の時間になった。今までは絶食していたから気にならなかったが、食べるようになると次の食事までの間隔が短い気がする。それくらいお腹が空いていないというか、まだ食べなくても良いかな…という感じだ。

第186話 食事開始2回目は昼食からとなった

「ヒロ田さん、体調変わりないですか?」2016年5月10日、朝の回診で消化器内科の医師が来た。ヒロ田「あっ、変わりはないですけど、食事って朝は無しでしたっけ?」医師 「えっと昼、夜の2食じゃなかったでしたっけ?」

第185話 食事開始後2食目の朝食はどんな感じかな?

「ヒロ田さん、今日初めてのお食事でしたけど、どうでした?」看護師さんが様子を伺いに来た。ヒロ田「今のところ問題ないようです」看護師「いいですね!お食事ってどれくらい食べました?」ヒロ田「3割くらいで止めました。全部食べれそうな感じでしたけどね(笑)」

第184話 入院してから初めての食事が出てきた

「ヒロ田さん、今日担当です。よろしくお願いします!」医師の回診が終わって間もなく担当の看護師さんがやってきた。ヒロ田「あっ、よろしくお願いします」看護師「体調変わりないですか?」ヒロ田「すっかり良くなりました!」看護師「それは良かったです!それで今日からお食事開始なんですね」

第183話 外科から内科に移動そして食事再開の話へ

2016年5月9日の朝が来た。ゴールデンウィークも終わり、この週から病院は通常業務となる。『退院はいつ頃になるかな…?』『早く退院予定聞きたいとこだけど、看護師さんに聞いてもわからないだろうし…』『外科の先生ではわからないだろうしな…』『内科に移動してから聞くしかないか…』

クローン病の人はクローン病食を続けるべきか?

クローン病の患者さんが食事をとる場合、低脂肪、低残渣、高カロリーの食事を心がけたほうが良いのか?これには少し疑問がある。というのも、実際にボクは食べれるようになってから低脂肪、低残渣、高カロリーの食事を意識してとるように心掛けていたが、体調はそれに反して悪化していったからだ。

[広告]
ヒロ田レクタングル(大)