ヒロ田のクローン病とストーマの世界 | ページ 4 | 泣いて暮らすも一生、笑って暮らすも一生

第134話 人工肛門(ストーマ)にすると決断した日

2016年1月になってから、ボクの体調は益々悪化してきた。トイレの回数は一日に40回以上行く。こうなると、ほぼほぼトイレは間に合わない。毎回オムツの中にお漏らしする状態だ。ほんのちょっとしか出ないのに、それでも便意を感じるのでトイレに行く。

第133話 トイレに行く回数が一日40回以上になってきた

体調不良になり、いや正確にはトイレの回数が増えて、お漏らしをする可能性が高くなったと言ったほうが良いな…。そんな状態になってから、ほとんどの人と疎遠になっていった。孤独という言葉がピッタリだ。しかし、悲観的な気持ちにはならなかった。

第132話 人付き合いも悪くなり都心から郊外へ引越しを決断

主治医から大腸を全摘して人工肛門(ストーマ)にしたほうが、かなり楽になると提案されたが、どうしても人工肛門(ストーマ)になることは避けたかった。どうして避けたいの…?と、そのときに聞かれたら返答には困っていたように思う。というのも、特に理由が無かったからだ。

第131話 主治医から大腸全摘で人工肛門の提案

まさか、お漏らしをするようになり、オムツが必要になるとは思ってもいなかった。それでもオムツをすることで安心することができた。と、最初は思っていた。ところがパンツタイプのオムツを穿いてるだけでは横漏れしてくることがあったのだ。これは想定外だ。

第129話 MRIポート抜去後は形成外科に通院

MRIポートを抜去してから一週間は毎日傷口を見せに病院に行かなければいけないとは思ってもいなかった。ボクは数秒間、どうしたら一番良いか考えた。ヒロ田「先生、どうしても仕事があって毎日は厳しいです。どうにか良い方法はないでしょうか?」

第128話 MRIポートの抜去が始まった

医師「それじゃ、ヒロ田さん顔にもこれかけますね」そう言いながら、布のようなものをボクの顔にかけてきた。医師「それじゃ消毒しますね」医師「麻酔します」医師がこれからやる作業を言ってくれるのは有難くもあるが、そのたびに力が入ってしまう。

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)