ヒロ田のクローン病とストーマの世界 | ページ 5 | 泣いて暮らすも一生、笑って暮らすも一生

第106話 一錠減らしてプレドニン復活

2014年7月21日月曜日、昼くらいにプレドニン1回分5錠が処方された。今までは1回に6錠を朝・昼・夕と3日間飲んでいた。3日後の朝に薬が無くなり、飲むのを止めてからちょうど24時間後くらいに高熱が出てきた。高熱の原因はプレドニンを一気に止めたリバウンドとのことだった。

第105話 高熱の原因はプレドニンのリバウンド?

2014年7月19日土曜日の16時頃、点滴での解熱剤を投与。投与後しばらくすると汗が出てきて熱が下がってくる。点滴の解熱剤をすることで、一気に平熱の36度4分まで下がった。ダルく重たい感じだった身体が一気に軽くなった。

第104話 退院を翌日に控えまさかの高熱

2014年7月18日金曜日。朝ご飯を食べた後、いつものように薬を飲む。プレドニンは朝飲んで終わりになる。9時頃、IBD専門の医師(以下IBD医師)が回診にきた。IBD医師「ヒロ田さん、調子はどうだい?」

第103話 喉の潰瘍を治すためにプレドニンを飲む

抗生剤の点滴が終わるころ、看護師さんがやってきた。看護師「ヒロ田さんどうです?」ヒロ田「気のせいかもしれないけど喉の痛みが半減したような気がします。プレドニン効いてるのかなー…」看護師「そうなんですねー。早く良くなるといいですね」

第102話 喉の痛みと肛門周囲膿瘍で再び入院

2014年7月15日火曜日。今日は朝からMRI検査、そして採血と診察の日だ。一昨日の夜は喉が痛い中、無理にお酒を飲んだことで余計、体調が悪化した。地下鉄で何とか自宅に帰ってきたのが23時30分。熱っぽかったし具合が悪かったから、すぐに寝る準備をして早々に寝た。

第101話 喉に潰瘍ができて痛いのに飲み会参加

2014年7月8日。診察する日がやってきた。とにかく喉が痛い。喉の痛さをどうにかしたいものだ。いつものように採血をする。その結果が出るのを待ち、IBD専門の医師(以下IBD医師)と話す。とにかく喉が痛いのでどうにかしたいと訴えた。

第98話 退院後1ヶ月以内に再び体調不良で喉の痛み

2014年7月6日、体調が優れない。いや、7月4日金曜日に病院に行ったから、少しは良くなったと言ったほうがいいか…。7月2日と7月3日が一番体調が悪かった。まず熱が39度くらいまで上がった。それと喉が痛い。もちろん痔ろうも悪化している。

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)