●ヒロ田のクローン病/ストーマ物語 | ページ 14 | ヒロ田のクローン病とストーマの世界

●ヒロ田のクローン病/ストーマ物語一覧

第34話 腹痛が出てきて痔ろうも悪化

ボクは出張を機に不良患者デビューした。フランス料理に始まりトンカツやピザ…。定期的にレミケード治療を受けていたので、少し体調が悪くなってきてもレミケードで復活していた。ところが、そんなある日、今までなかった腹痛が出てきたのである。

第33話 今度はカツサンドやピザを食べた

3日間の出張(勉強会)で、ボクはクローン病になってから初のフランス料理を食べ、挙句の果てにはトンカツまで食べてしまった。後ろめたい気持ちで空港へ向かう。空港に着いてからも誘惑はいっぱいあった。今度は空港でカツサンドを食べてしまったのだ…。

第32話 最終日はトンカツが出てきた

懇親会ではフランス料理を食べてしまった。クローン病にとって安全食と言われてるものばかりを食べてきたボクにとっては、悪いことをしているような感覚だった。2日目の昼食は幕の内弁当だった。弁当であれば残すこともできる…。

第31話 懇親会でNG食のオンパレード

懇親会に参加したボクは、ほとんどの人がお酒を頼んでいる中、ウーロン茶をお願いする。しかし、頭の中はそれどころじゃない。クローン病にとってのNG食が出てきたらどうしようか…?と気になっていたのである。

第30話 食べるものが増えてきた

うどんとオニギリを食べれるようになったボクは、次々とチャレンジしていきたくなってきた。次にチャレンジしたのは親子丼。これも体調には問題なかった。さらに蕎麦へとチャレンジ。クローン病では蕎麦をNG食とされているのだが…。

第29話 食欲が旺盛になってきた

体重が60kgになってきたころ、エレンタールの摂取を止めた。本当は続けていたほうが良いのだろうけど、食べれるようになり体重が増えてきたボクは、食べてカロリー摂取、そして食べ物で体調管理しようと考えたのである。

第28話 体調が良くなり体重が増えていく

入院してのレミケード治療は、その後も続き、体調はどんどん良くなっていく。おかげさまで体重が増えてきた。クローン病と診断され、入院した時の体重は49kg。レミケード治療をスタートして体調が良くなるにつれどんどん体重が増えていった。

第27話 副作用なくレミケード終了

入院してレミケード治療することになったが、副作用が出ないとは限らない。外来で副作用になったアナフィラキシーショックを思い出す。副作用が起きなければ良いが…。体温や血圧を測り、レミケードがスタートした。

第26話 入院して再びレミケード治療

外来でのレミケードで副作用のアナフィラキシーショックが出てしまった。レミケードが続けれるのか?それとも中止になるのか?気になりながら1ヶ月後の診察に向かう。採血を終えて診察まで待合室に座って待つ。「ヒロ田さん診察室へどうぞ」

第25話 レミケードで副作用が出た

レミケードでの治療も副作用の心配がなく、外来で治療を受けれることになった。毎月1回通院でレミケードを行う。食事も1日1回から2回食事ができるようになってきた。このままレミケード治療がうまくいってくれれば良かったのだが…

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)