●ヒロ田のクローン病/ストーマ物語 | ページ 5 | ヒロ田のクローン病とストーマの世界

●ヒロ田のクローン病/ストーマ物語一覧

第86話 レントゲン結果は結核ではなく肺炎との診断

100%ジュースとドリップコーヒーを手に病室に戻ってきたボクは、早速ドリップコーヒーを飲むことにした。久々に飲むコーヒーは美味しい。一息ついた15時30分頃、病室のドアがノックされ呼吸器科の医師(以下、呼吸医)が入ってきた。

第85話 呼吸器科の医師が来て再びレントゲン検査へ

午後から、外来で呼吸器科の診察があるとのことだったが、14時になっても呼ばれない。ボクは待ちくたびれていた。14時30分頃だろうか…。病室のドアをノックする音が聞こえた。「ヒロ田さん、こんにちは。呼吸器科の医師(以下、呼吸医)をやってます」

第83話 痔ろう手術後なのに膿が溜まってるぞ…

『痔ろう手術後のトイレは嫌だな…』そうは思っても漏らすわけにはいかない。ベッドから起き上がりトイレへと向かう。トイレに入り、お尻を覆っているガーゼなどを剥がし便座へ。傷口がヒリヒリ痛むかと思ったらそうでもない。

第82話 手術中に予定変更して痔ろう手術終了

「ヒロ田さん、聞こえますか?」麻酔科医の呼びかけで目が覚めた。その後すぐに外科医がボクに話しかけてきた。「ヒロ田さん順調にいきました。ただ予定していたシートン法ではなく、ゴムを通しただけにしてますから」

第81話 全身麻酔で痔ろうの手術をする日

朝、看護師さんに言われたとおり、痔ろう手術30分くらい前にトイレを済ませ、手術用の病衣にも着替えておいた。「これ下着つけたままでいいのかなー?」そうボクが質問すると、「あっ、下着はつけてていいです。手術室で脱ぐことになると思いますけど」と看護師さんが言う。

第80話 結核の疑いがかかるも検査用の痰が出ない

結核の疑いで個室に隔離されたボクだったが、さらに困ったのは痰の検査だ。朝から看護師さんが来て「痰でそうですか?」と聞いてくるのだが、咳も出なければ痰が絡むこともない。痰を出そうと何度かやってみたけれど無理だ。そこで吸入器の登場だ。

第79話 CT検査で肺に影あり結核の疑いのため個室に隔離

次の日の日曜日。検査もなく点滴とエレンタールのみで過ごす。ただ今日は風呂に入る日だ。毎日、午前か午後のどちらかで風呂に入ることはできるのだが、検査があると時間によっては入るのを逃したりすることもある。そのため検査時間を気にしないで風呂の予約ができるのは嬉しいものだ。

第78話 5人の看護師さんに見守られエレンタール開始

小腸MRI検査で狭窄が見つかり、次の治療(バルーン拡張術)のため絶食が必要となった。食べれないのは少し淋しい気もするが、どうせ絶食ならエレンタールではなく点滴にしたほうが良いかなと思ったのだがIBD医師はエレンタールが良いということだった。

第77話 小腸MRI検査で大腸に狭窄を発見

IBD専門医師(以下IBD医師)に鼻からチューブを入れてもらい、すぐ横にあるMRI検査室へ移動する。検査室に入ると、水を入れながら検査するということで、通常とは反対の方向に寝かされた。足のほうに頭、頭のほうに足がくるよう検査台に寝る。

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)