●ヒロ田のクローン病/ストーマ物語 | ページ 2 | ヒロ田のクローン病とストーマの世界

●ヒロ田のクローン病/ストーマ物語一覧

第132話 人付き合いも悪くなり都心から郊外へ引越しを決断

主治医から大腸を全摘して人工肛門(ストーマ)にしたほうが、かなり楽になると提案されたが、どうしても人工肛門(ストーマ)になることは避けたかった。どうして避けたいの…?と、そのときに聞かれたら返答には困っていたように思う。というのも、特に理由が無かったからだ。

第131話 主治医から大腸全摘で人工肛門の提案

まさか、お漏らしをするようになり、オムツが必要になるとは思ってもいなかった。それでもオムツをすることで安心することができた。と、最初は思っていた。ところがパンツタイプのオムツを穿いてるだけでは横漏れしてくることがあったのだ。これは想定外だ。

第129話 MRIポート抜去後は形成外科に通院

MRIポートを抜去してから一週間は毎日傷口を見せに病院に行かなければいけないとは思ってもいなかった。ボクは数秒間、どうしたら一番良いか考えた。ヒロ田「先生、どうしても仕事があって毎日は厳しいです。どうにか良い方法はないでしょうか?」

第128話 MRIポートの抜去が始まった

医師「それじゃ、ヒロ田さん顔にもこれかけますね」そう言いながら、布のようなものをボクの顔にかけてきた。医師「それじゃ消毒しますね」医師「麻酔します」医師がこれからやる作業を言ってくれるのは有難くもあるが、そのたびに力が入ってしまう。

第127話 化膿が原因で急遽MRIポートの抜去が決まる

2人くらいの医師に電話をした後、主治医がボクにこう言ってきた。主治医「いやー、ボクが抜去してもいいんだけどさー、でも10年近くポート入ってるんでしょー?ちょっとくっついてたりしたらボクには自信ないからさー、慣れてる先生にお願いしたいのさー」

第126話 身体がダルいのはMRIポートの化膿が原因?

シートン手術が終わり、ボクはクローン病の診察へと向かった。13時~採血をして、14時過ぎから診察の予定なのだが、シートン手術後まっすぐ来たため予定より早く着きすぎた。時間は12時をちょっと過ぎたくらい。ただ、採血は早くても良いので、病院に着いてすぐに採血へ。

第125話 シートン手術を終えクローン病の診察へと向かう

ボクのシートン手術が終わると、手術を担当してくれた医師は別な診察室へと移動した。看護師さんが、手術後の処理をしている看護師「ヒロ田さん、もうちょっとそのままで待っててくださいね。いま車いす持ってきます。麻酔がすっかり切れるまで別の場所で寝てもらいますので…」

第123話 初めてで少し緊張した仙骨硬膜外麻酔

仙骨硬膜外麻酔で痔ろうの手術をするということで、初めてのボクは少し緊張していた。一番最初が痛いと言っていた仙骨硬膜外麻酔(ボクは痛く感じなかった)も一回目が無事に終わり、後は時間を空けて麻酔が効いてるかを確認しつつ何回かに分けて麻酔をしていくとのことだった。

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)