ヒロ田のクローン病とストーマの世界 | ページ 18 | 泣いて暮らすも一生、笑って暮らすも一生

入院からストーマ手術前

2016年4月28日11時45分。ボクは手術室へと呼ばれた。入院から一ヶ月と一週間後ストーマの手術の時が来たのだ。なぜか小学生の時の遠足のような気分で朝を迎えた。

痔ろう(クローン病の疑い)

クローン病と診断されたのは痔ろうが始まりだった。クローン病と診断される半年くらい前、ボクは肛門に痛みを感じていた。その痛みが、のちにクローン病と診断されることになる。

ストーマにしよう!と決断したとき

医師にストーマ(人工肛門)を勧められたが、一度は拒否をした。なぜなら不安要素がたくさんあったから。でも状況が状況なだけにボクはストーマ(人工肛門)にする決断をした。

はじめまして!ヒロ田です

2002年5月29日クローン病と診断される。その後、絶食や様々な治療を受け、2016年4月28日ストーマ(人工肛門)の手術を受ける。結論から言うとストーマ(人工肛門)になって良かった。

スポンサーリンク
ヒロ田レクタングル(大)